KAIMA

Solutionソリューション紹介

System Integrationシステムインテグレーション

日中拠点間の強力な連携によって、
圧倒的なコストパフォーマンスとクオリティを実現。

レガシーマイグレーションの領域において力を発揮しています。

プロジェクト推進の中核を担う株式会社カイマデータ(東京)と、
高度なシステム開発および保守を手掛けるKAIMA上海・KAIMA成都・KAIMA楽山。
日中の両拠点に、汎用系・オープン系・Web系のスキルを持った優秀な人材を擁していることが私たちの強みです。
特に得意としているのが、将来性や拡張性、セキュリティに問題のある旧来のシステムを、
より柔軟な運用が可能な新しいシステム(オープン系・Web系)へと移行する「レガシーマイグレーション」。
お客様の業務を理解することを最重要視し、
業務効率化や運用コスト削減において大きなメリットのあるソリューションを提供しています。

マイグレーションの目的

新システム再構築の目的には、システムの老朽化対策CSR対応に加え、
経営戦略を踏まえた変化への対応強化、システム運用基盤を統一することによる運用コスト削減などがあります。

  • ホストシステムの再構築
    (ホスト物理統合・アプリ統合)

    • 変化への対応強化

      短期かつ低コストで対応できるIT機能を提供

    • CSRの推進・強化

      脆弱なホストシステムのセキュリティ機能を強化

    • システムライフサイクル

      老朽化に対応するだけでなく、長期にわたって使用可能なシステムインフラを構築

    • 運用コストの削減

      再構築により運用費用を削減(シナジー効果)

マイグレーションの工程

実績として最も多く選択されるマイグレーション方式は、リライト、リエンジニアリングとなります。
この場合のマイグレーションの工程は、下図のように進めます。

各工程における
カイマデータの強み

  • 経験豊富なコーディネーターが
    最適なソリューションを提案

    汎用系・オープン系・Web系のスキルを持ったコーディネーターがヒアリングを行い、お客様のニーズに合ったマイグレーション方式を提案。この段階で、次の工程である調査にかかる費用の正確な見積もりと、設計・開発以降にかかる費用の概算見積もりを提示することができます。

  • 独自ツールを活用し、
    短期間・低コストでの現行調査を実現

    現行システムの稼働状況から機能の棚卸しを開始。レガシーシステムでは開発ドキュメントが無い、あるいはメンテナンスされていない場合が多いため、現行システムのソース解析から始まります。一般的にソースの解析には多くの工数が必要となりますが、カイマデータではレガシースキル・Open系スキルの両方を兼ね備えた優秀なオフショア人材が豊富にそろっているため短期間・低コストでのソース解析の実現が可能です。現行システムの分析を通してお客様の業務への理解を深めながら、本格的な設計・開発の準備を進めます。

  • 日中拠点間の強力な連携により、
    低コスト・高品質な開発を実現

    中国拠点に200名以上のエンジニアを配置。膨大なボリュームのデータ移行などが必要な際にも、短期間・低コストで作業が可能です。中国拠点のエンジニアたちは高いスキルを有し、日本語も堪能。言語の違いによるトラブルを回避するため、日中拠点間のやりとりは、すべて日本語で行われます。

  • 中国拠点にて「リモート保守」を実施し、
    運用コスト削減を実現

    日本オンサイトでは最小限の人員を配置し、実際の保守作業は中国拠点にて実施。 開発を手掛けたメンバーが保守チームに参加し、問題発生の際もスピーディな解決を図ります。厳しいセキュリティ基準を設け、安全性・安定性を確保。高い品質を保持しながら、運用コスト削減を実現します。

開発実績と今後の展望

介護福祉業界

業界トップシェアのソフトウェアメーカーよりご依頼を受け、Open系福祉業務支援ソフトをWeb系システムへと移行。同時に、AIやIoT、ビッグデータを活用した医療用ウェアラブルデバイスの開発プロジェクトも立ち上がりました。今後は、例えば心臓に持病のある患者様のBPN値(心臓への負担の程度がわかる値)を、市町村をはじめとしたコミュニティ内でリアルタイムに共有できるシステムなどを構築し、業界に広く貢献していきます。日本国内はもちろん、2030年には3億人の高齢者が暮らすことになると言われている中国にも販路を拡大し、介護関連ビジネスをカイマデータの柱へと成長させていきたいと考えています。

製造・流通・小売業界

大手機械加工製品販売商社よりご依頼を受け、新工場への倉庫管理システム導入プロジェクトに要件定義から参加。データ移行を経て実稼働が開始された後は、国内の既存工場および海外工場にも同じシステムを導入します。今後は、3PLを活用した倉庫管理システム開発のノウハウを強化しながら、自動倉庫を有効活用するソリューションを、有名文具メーカーや大手家電量販店のプロジェクトにおいて展開していく予定です。

総合商社

大手総合商社およびそのグループ会社よりご依頼を受け、過去に当社メンバーがOpen化対応した基幹システムと与信管理システムを、サーバやデータベースのバージョンアップに合わせ刷新。同時に、国内外の多数のグループ会社へと新システムを導入し、大規模なシステム統合を行います。今後は、特に商社のお客様の関心が高いAIやブロックチェーンの技術を取り入れながら、より広い範囲でコンサルティングを担うことを目指します。

CONTACTお問合わせ

サービスやソリューションにご興味がございましたら
お気軽にお問合せわせください。

CONTACT